競馬予想入門 PDレース

競馬初心者でもわかりやすい予想法を考えていくブログです。

3歳戦を捨てる理由

こんにちは!

PDレースです。

 

本日もよろしくお願いします。

 

 

データがない!

2歳戦と3歳戦はまだキャリアの浅い馬同士の競馬です。

 

すると参考にすべきデータが不足しがちになります。

10戦を経験している馬はほとんどいないでしょう。

 

そうするとまだ適性を探しての惨敗や、馬場が合わなかったなどの惨敗が予想に響いてしまいます。

データを頼りに予想をしようとしている今では惑わされてしまうことが考えられます。

 

よって3歳戦、加えて2歳戦は予想対象としません。

 

 

 

血統、調教での勝負が求められる

また、キャリアの浅い馬の予想には血統、調教での予想が必要になります。

 

血統でその馬の適性や能力を推し量れます。

調教もその時計で能力を予測することも可能でしょう。

 

しかし、この2つの情報を使いこなすには時間やお金を要します。

 

血統はその膨大な量の関係性や特徴を理解する必要があります。

調教も情報を得るために有料の媒体を使う必要があります。

 

いずれはこのような視点も取り入れたいですが、現状では取り入れません。

 

 

 

圧倒的な馬が

また新馬や未勝利といったレースには、圧倒的に強い馬が出走することがあります。

この時には単勝1倍台で勝ってしまうということが、当たり前に起こりうります。

 

馬券的にうまみもありません。

さらに未来のG1馬が、未勝利のままキャリアを終える馬と走るため、仕方ないことではありますが、なるべく勝負は避けるべきです。

 

これらの理由から、このブログでは2歳戦、3歳戦については捨てます。

データも取り扱いません。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。